センター職員今月のいちおし!(5月)

日本軍「慰安婦」のリビングヒストリー

                                   キムジェンドリグムスク 作

                                   都築寿美枝李 ヤ京 訳

                                   (3,000円+税)

                                   田中 澄代

 今から10数年前、初めてナヌムの家へ行った。それから何度か訪れ、李玉善(オクソン)さんの証言を聞くことができた。

 その時、一人のハルモニがとても険しい顔をして言った。自分は証言なんて絶対にしないんだと…。その場では頷くことしかできなかったが、同じ被害者でも語りたくない過去をあえて証言することについて、一人ひとり考え方が違うということを目の当たりにして帰った。

 そして、今回この本に出合った。ハルモニたちと話したことや、彼女たちの笑顔が懐かしく思い出される。

 これは長い間人権侵害を受け続けてきたハルモニの、ほんの一部に過ぎないと思うが、被害者が経験した事実と、抱えてきた思いを知ることは、最も大切なことだと思う。

 「私はトミ子じゃない。私の名前は李玉善だ!」

 彼女たちは偽名を使わされ、名前も尊厳も奪われた。ハンセン病患者に対する隔離政策も同じ。そして回復者とその家族、遺族を長い間苦しめた。性被害の問題もそうだが、個人的に慰安婦問題とハンセン病問題を重ねて考えることが多い。法の壁は取り払われても、いまだ偏見と差別の壁があることを忘れてはならない。

 「証言をすると、体調を崩してしまうこともあるのです。」とナヌムで聞いたことを思い出しながら一人のハルモニの生涯を知る。この証言をした彼女に思いを馳せながら。